弾力性

シリコーンゴムの特長

様々なジャンルや製品にシリコーンゴムが使用されています。その特性は有機系ゴムと比較しますと耐熱性に優れている事が挙げられます。150度程度の熱が加えられても耐える事が出来ます。他にも有機系ゴムの脆化店は-20度から-30度ですがシリコーンゴムの場合は-60度から-70度まで弾性を保っています。他にもシリコーンゴムの特性としましては電気絶縁性に優れている事があげられます。そして離型性に優れている事や撥水性に優れている事、消泡性・整泡性に優れている事、化学的に安定している事もシリコーンゴムの特性と言えます。 これらの特性を生かして様々なジャンルの業界で利用され、色々な商品の材料に使われています。その商品は身近なところにも有ります。

使用した物はどんなものが有るのか

シリコーンゴムを材料に使用した物は沢山有ります。耐熱性に優れている特性を生かした商品としましては耐熱食器が挙げられます。樹脂製の食器は熱に弱く沸騰した湯を入れると割れてしまいますが、シリコーンゴムを材料にした食器は割れる事も無く変形もしません。耐寒性に優れた特性を生かした商品としましては冷凍保存用の容器が挙げられます。一般の樹脂製の容器の場合は冷凍庫に入れると容器も硬くなり開閉の際に破損してしまう恐れが有りますがシリコーンゴムを使用した容器の場合は低温になっても弾性力が有り開閉の際の変形にも耐える事が出来るのです。また、電気絶縁性に優れている特性を生かした商品としましては電気工事等を行う際の絶縁手袋が挙げられます。 他にも色々な商品が有ります。

Design by Megapx . Template by s-hoshino.com